奥泉光

Hikaru Okuizumi

(1956年2月6日 – )日本の作家。作品はミステリーの構造を持つものが多く、物語の中で次第に謎の位相をずらしていき、虚実のあわいに読者を落とし込む、といった手法を得意としている。デビュー時から反時代的な文語体の書き手として評価されている。