銃、ときどき音楽
ISBN: 9784152080004

銃、ときどき音楽

近未来のサンフランシスコ。市民はカルマと呼ばれる点数減点法で管理され、感情や記憶に干渉する合法的麻薬が蔓延し、進化療法によって知能が増大した動物が人間と対等の顔をして街を歩きまわっている。メトカーフは街の片隅に事務所をかまえる、しがない民間検問士。ある朝ラジオの音楽版ニュースで報道された殺人事件の被害者は、ほんの二週間まえまで依頼人だった男だった。驚く彼のまえに他ならぬその事件の容疑者という男が現われ、自分は無実だ、真犯人を捜してくれという。気乗りしないまま捜査をはじめたメトカーフは、さっそくカンガルーの殺し屋につけ狙われるハメに…。管理社会の暗黒街をクールに歩く私立探偵ならぬ民間検問士の活躍を描いた話題作。1994年度ローカス賞処女長篇部門、ウィリアム・L・クロフォード賞受賞。

早川書房(単行本: 1996-04)
ジャンル:
※価格は表示された時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:ジョナサン・レセム

(1964年2月19日 – )米国の作家。『銃、ときどき音楽』でネビュラ賞の最終候補。『マザーレス・ブルックリン』で全米批評家協会賞および英国推理作家協会賞ゴールド・ダガー賞をダブル受賞。文学とミステリ、SFを融合した独自のスタイルは世界的に評価が高い。

2017.
09.08Fri

銃、ときどき音楽

それほど感心はしなかったんですよ。まぁ次が出たら一応読むかな、くらいの。で『マザーレス・ブルックリン』に打ちのめされたわけです。邦訳もっと出てほしいなぁ。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『逆さの月』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。最新恋愛小説『ぼっちの帝国』連載中。
ぼっちの帝国

似ている本