妄想中年日記

連載第172回: Don’t try, Just do it

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2019.
02.13Wed

Don’t try, Just do it

丸一日かけてサイトを改修した。BuddyPress由来のコードはすべて取り除いた。おかげで動作も軽くなったようだ。これまでは何のサイトなのかUIがわかりにくかった。主役であるはずの本の感想を大きく扱ったところでだれもが素通りして読まれなかった。そこで今回はトップページで明確に意図を宣言し、その下に本の紹介へのリンクを、さらにその下に運営者兼著者の紹介と記事一覧を載せた。新企画の予告も載せたのだがこれはどうなるかわからない。最低でも『ぼっちの帝国』の連載はやるつもりだがそれ以上は現時点でなんともいえない。せめて『ぼっちの帝国』だけでもどうにかしたい。今年はそれを仕上げて来年は中年探偵と女装男子のBLアクション『GONZO』に取りかかる。この二作は自分にとって重要な節目となるはずなのでうっかり死んだりせずにやり遂げたい。著者を前面に出すのはしばらくのあいだ抵抗があった。別の筆名で活動していたときに散々な目に遭って懲りた。しかし同じ轍は踏まない。失敗を活かして今度こそしたたかに立ちまわるつもりだ。筋のいい客に読まれるためにはサイトの閲覧数を高めねばならないしそのために記事を増やさねばならない。早くたくさん書けるようにならねば。あるいは気軽に愉しめる記事を量産できればそれでもいい。小説と違って手を抜いても構わない。むしろ手を抜いたくらいがインターネットにはちょうどいいのかもしれない。アクセス解析を見るかぎり時間帯によって読まれ方が異なる印象がある。毎日きっかり19時に公開するのがいいようだ。書けるときに書くのでもいいが溜めておいて公開時間を指定せねばなるまい。日によって生活時間がまちまちなのが痛い。重い仕事を三件も片づけて日付を越して帰宅すると頭が働かない。キーボードに両手の指を置いたまま何もせずに時間が過ぎる。何も考えずに手癖だけで書けるほどプロットを煮詰めておかねばなるまい。わかってはいるのだがこの一週間ほど何も手をつけられずにいる。読まねばならない本も観なければならない映画も溜まっている。山をどれだけ崩して小説をどれだけ書き進めたところで客観的には何の意味も成さない。社会的な価値がないからだ。生まれてこのかた他人から評価されたためしはないが別に評価されるためにやっているわけではない。昨年末からつづけているジム通いも同じだ。自分にそれがやれるということを証明するためにやっている。体脂肪率はようやく14%を切った。腹筋を割るのと『ぼっちの帝国』を書き上げるのとどちらが先か。小説のほうは遅くとも年内に完遂する。どうせなら多少は巧く立ちまわることも憶えたい。そのためにウェブサイトをまずどうにかする。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
amazon