杜 昌彦

ぼっちの帝国

職と男と家をなくした28歳女子がシェアハウス暮らしのおっさんに恋する話

第15話: ふたりは親友

学生時代からソーシャルメディアが苦手だった。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦
第14話: Tomorrow Never Knows

振り向くと大柄な男が戸口に立っていた。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦
第13話: All Tomorrow’s Parties

『ぼっちの帝国』が虹を指して呼ばわる一点は男でも女でもない。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦
第12話: Start Me Up

明日香は紛れ込んだ異分子であることを意識した。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦
第11話: Goodbye Dreaming Fields

あたしはこんなところで何をしているんだろう。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦
第10話: 明日香とあきら

明日香は玄関の段を上がり、重そうな扉の前に立った。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦
第9話: Hit The Road Jack

しばらく厄介になる旨を母とその恋人に打ち明けそびれて数日が過ぎた。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦
第8話: Mother’s Little Helper

何かが起きたのだ。何か信じがたい変化が。夢を見ているかのようだった。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦
第7話: Your Mother Should Know

進学を口実に家を出るまで明日香は母の気まぐれに振りまわされつづけた。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦
第6話: 変な男

のちにこの経験を他人に理解してもらおうと試みたとき、明日香は何をどう説明しても本質から遠くかけ離れるのを感じた。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦