奇妙という名の五人兄妹
ISBN: 9784488010645

奇妙という名の五人兄妹

ウィアード家の三女アンジーは、祖母に呼び出されてバンクーバーの病院にやってきた。祖母は自分が13日後の誕生日に死ぬことになると予言し、続いてこう言った。「お前たち5人の孫が産まれたとき、祝福のつもりで〈力〉を与えた。危機を回避する力、道に迷わない力、希望を失わない力、許しの力、戦う力。でもそのせいでお前たちの人生は台無しになってしまった。わたしが死ぬとき、この力を消してあげよう。そのために、お前が全員をここに連れてくるんだ」アンジーは祖母の指示に従い、それぞれ〈力〉と悩みを抱える兄と姉二人と弟を集める旅に出た。『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』の著者が描く、奇妙(ウィアード)という名を持つ家族の奇妙な物語。

¥ 2,200
東京創元社(単行本: 2016-11-11)
※価格は表示された時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:アンドリュー・カウフマン

(born Wingham, Ontario)カナダ出身の作家、脚本家。ラジオ・プロデューサー。ノヴェラ(中編作品)All My Friends Are Superheroes(2003)で作家デビュー。『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』(2011)が、2015年に独立系出版社からの刊行作品を対象とするカナダの文学賞The ReLit Awardsの小説部門を受賞。

アンドリュー・カウフマンの本
2017.
08.31Thu

奇妙という名の五人兄妹

へんてこな話でしたねぇ。家族ものということでポール・ラドニック『これいただくわ』とかリチャード・パワーズ『囚人のジレンマ』とか思い出しました。道行きものでもありますね。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
amazon

似ている本