惨影
ASIN: 4863321678

惨影

謎の殺戮組織“ストローマン”―その幹部だった双子の兄弟ポールの逮捕から五カ月、元CIAのウォードは、FBIの女性捜査官ニーナと共にワシントン州の山奥に潜伏していた。仲間の元刑事ザントは消息をたったままだ。そんなとき、護送中にポールが脱走したことが知らされる。さらに猟奇殺人が発生、ニーナは復職し、ウォードもまた独自の捜査でポールの行方を追うが―。一方、カルフォルニア州サンタ・バーバラ。組織は富裕層の麻薬ディーラーの若者を集めて、かつてない計画を画策していた…スティーヴン・キングを戦慄させた、圧倒的破壊力の奇想スリラー。


¥79
ヴィレッジブックス 2009年, 文庫 590頁
※価格はこのページが表示された時点での価格であり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点で Amazon.co.jp に表示されている価格の情報が適用されます。

読んだ人:杜 昌彦

惨影

この本以降日本語で彼の本は読めなくなってしまいましたとても残念です本はだれかがおもしろさに気づいて広めないと淘汰されていくんですよね⋯⋯

(2017年09月08日)

(1975年6月18日 - )著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『血と言葉』(旧題:『悪魔とドライヴ』)が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。代表作に『ぼっちの帝国』『GONZO』など。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告

AUTHOR


マイケル・マーシャル・スミス
1965年 -

米国の作家。1965年英国生まれ。米国、南アフリカ、オーストラリアなどで子ども時代を過ごしたのちケンブリッジ大学キングス・カレッジで哲学、社会学、政治学を学ぶ。『オンリー・フォワード』で英国幻想文学大賞およびPKD賞を受賞。

マイケル・マーシャル・スミスの本