ベル・カント
ISBN: 9784151200984

ベル・カント

南米のとある小国。副大統領邸では、日本企業の社長ホソカワの誕生パーティが開かれていた。特別ゲストの世界的オペラ歌手ロクサーヌが歌い終えた瞬間、武装したゲリラがなだれ込んでくる。副大統領邸は反政府組織に占拠されてしまったのだ。膠着状態が続くうち、ゲリラと人質の間には奇妙な絆が生まれ、彼らはその状況に幸せすら感じるようになるが…極限状態で生まれる心の交流を描く傑作。オレンジ小説賞、PEN/フォークナー賞受賞作。

¥ 1,364
早川書房, 文庫 528頁
ジャンル:
※価格は表示された時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:アン・パチェット

(1963年12月2日 -)米国の作家。在学中に初の長編が有名文芸誌「パリス・レビュー」に掲載されるなど、早くから頭角を現す。2002年長編第4作の「ベル・カント」(2001年)でPEN/フォークナー賞、オレンジ賞を受賞。2011年在住するナッシュビルで書店を開業。著書に『密林の夢』など。

アン・パチェットの本
2019.
12.10Tue

ベル・カント

雑っ! と思わず叫んだ。これほど残念な本にはそう出逢えるものではない。前半はよかった。若干の不満は「これはファンタジーであって政治謀略小説ではないのだから」と自分に言い聞かせて乗り切った。しかし中盤の転換点から急激にひどくなり弁護の余地がなくなった。それで序盤から感じていたモヤモヤに説明がついた。在ペルー日本大使公邸占拠事件に着想を得たとされているが、要するにこの本はローティーン向けの幼稚で甘ったるい恋愛幻想のための舞台装置、というか安っぽい書き割りとして都合のいい設定を利用しただけなのだ。だからこの小説では搾取する側の、さらにいえば裕福な白人視点ばかりが活き活きと描かれる。虐げられる民衆の側は、せいぜい金持の白人にとって理解できる部分だけが描写されるのみだ。そもそもがオペラである。育ちのいい金持向けの娯楽だ。残酷かつ腹立たしいことに民衆の音楽フォルクローレは下賎の娯楽として蔑まれ嘲笑される。日本人の描かれようはなるほどアップデートされたかもしれない。サムライハラキリニンジャゲイシャでも哀しくも死語となったエコノミックアニマルでもない代わりに村上春樹の稚拙な模倣だ。本物は団塊世代の暴力性を意識的にせよ無自覚にせよいかにも正しいもののように語るが、そういう異常性はもちろん見られない。その異常性に日常的に触れる機会のない外側のひとびとにはそこまで読みとれないのだ。金持の白人が理解するであろう都合のいい「村上春樹っぽい日本人」が語られるのみである。同じ白人のあいだでさえも差別がある。フランスの文化は滑稽に貶められるしロシア人は愚かな引き立て役だ。そもそも主役の歌手からして男たちに愛される対象としてのみ描かれる時点で差別が内在化されている。そのことにあまりにも無自覚ではないか。徹頭徹尾どこまでも差別的に書かれた小説なのだ。そうでさえなければあらゆる瑕疵に目をつぶって「いいんだよ、やりたかったのは90年頃のコバルト文庫みたいなやつなんだろうから」と考えることもできたろう。とにかく前半はいいのである。多くの文章に胸を打たれた。それだけに裏切られた衝撃と痛手が大きいのである。あのまま最後まで差別構造に気づかせずに騙し通してほしかった。評価したみなさんは騙されていますよ。よろしいですか、この小説は、下手です。較べたら正直『ぼっちの帝国』のほうが優れている。こんなのでフォークナー賞が獲れるのか、英語で書けるやつはいいなと羨望した。……しかしこの記事のために著者の画像を検索していてすべてを許す気になった。多くの写真が美しい書店で撮られている。彼女の経営する店らしい。あのように美しい書店で、あのように幸せそうな犬と、あのようにすばらしい笑顔で写真に収まれる人物であればしょうがない。差別的に思えた本も、無知ゆえのファンタジーなのだからと微笑ましく思えた。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。Mastodon/Friendica : @ezdog@ezdog.press
ぼっち広告

似ている本