柳楽 馨

Kaoru Yagira
英米文学を研究しているレッチリの大ファン。下唇の左側に複数のピアスあり。(文責:編集部)

ゆりかごを揺らす獄吏の手 2

この文脈では、『ピストルズ』の吾川捷子(みずきの母)による監禁に注意を促したい。

ゆりかごを揺らす獄吏の手 1

『シンセミア』で、監禁は「毛髪」に結びついている。

監禁者たちもまた監禁される 4

SNS等で不用意に情報を拡散すると、時に名誉棄損にもなることくらい誰でも知っている。

監禁者たちもまた監禁される 3

小児性愛者の沢見克実が菖蒲みずきの秘術にかかり、会えなくなってしまった一人娘への思いを白状させられる場面は、やや事情が異なる。

監禁者たちもまた監禁される 2

「暴露」についてはどうか。

監禁者たちもまた監禁される 1

漢語・擬音語が多用される『シンセミア』の解釈を、もうひとつ上の段階に押し上げよう。

帰ってきた阿部和重 4

この同一平面の違いが、『ピストルズ』から『Orga(ni)sm』への変化に対応する。

帰ってきた阿部和重 3

こうした言葉と真実との関係を考慮すれば、『ピストルズ』の「ひみつ」が見抜ける。

帰ってきた阿部和重 2

この謎を解明するため、デビュー作『アメリカの夜』にさかのぼり、阿部作品での言葉の性質を確認しておこう。

帰ってきた阿部和重 1

二〇〇〇年七月、神町での殺人事件から『シンセミア』の物語は動きだす。