柳楽 馨

Kaoru Yagira
某大学で英文学を教えている30代後半。レッチリの大ファン。20世紀アメリカ文学における共感・感情移入を研究。下唇の左側に三つピアスあり。

あるがままではいけない世界(デヴィッド・フォスター・ウォレスと阿部和重)5

獲得されたり喪失されたりする「モノ」ではない女性を、言葉で表現することはできるのだろうか。

あるがままではいけない世界(デヴィッド・フォスター・ウォレスと阿部和重)4

自殺したDFWがこういう男性的な発想を克服できたのかどうか、よくわからない──と言ってしまえば、やっぱりごまかしになるだろう。

犬たち猫たち子供たち(後編)

前回の翻訳日誌で紹介した男ドン・ゲイトリーは、現在、社会復帰施設エネットハウス(略称)で働いている。

犬たち猫たち子供たち(前編)

今回は、有名な翻訳者の「誤訳」を例に、小説の翻訳がどういう風に難しいのかを具体的に説明しよう。

無限の戦場、無数の神、唯一の読者(後編)

1996年の『インフィニット・ジェスト』によって作家デヴィッド・フォスター・ウォレスの名は一躍高まる。

無限の戦場、無数の神、唯一の読者(前編)

今回の『インフィニット・ジェスト』翻訳日誌では、文学と宗教の話をしよう。

世界が終わるとしか思えない輝き(後編)

翻訳とは、絶対に答えてはくれない誰かに向けて呼びかけ続けるようなところがある。