妄想中年日記

連載第148回: Amazon PODとGoogle広告

書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2018.
09.29Sat

Amazon PODとGoogle広告

フランスの某作家が政治的な理由から出版社に拒否された原稿をCreateSpaceで出版し、ゴンクール賞の残念賞もしくは反ゴンクール賞のような位置づけと言われるルノードー賞の候補になった。なじみ深いところでは2007年にダニエル・ペナックが獲った賞で、日本でいえば芥川賞直木賞に対する初期の本屋大賞といったところか(歴史や権威は較ぶべくもないが)。この件に対し、さながら建設中のマクドナルドに破壊行為を行った農民のように「独立系の書店団体」が抗議の声明を発表したそうだ。「独立系」なる単語が何をさすのかは知らないがどうしてCreateSpaceではなく彼らがその本を出版しなかったのか。せっかくAmazonの権力から自由なら、自分たちが扱えない本が金を稼ぐことに抗議するよりも自分たちしか扱えない本を受賞させるほうが有益ではないか。

グローバリズムが文化を破壊するという危惧もわからなくはない。Amazonは必ずしも読者を向いた棚づくりをしない。嗜好ではなくクリック機会と経済効率の最大化を目的とし、本を経済価値でしか捉えない。寡占ストアが客に何をどう見せたいかで本の価値が決まり、読書からそれ以外の文脈、嗜好やひとそれぞれの事情は完全に排除される。消費者は読むために買うのであって経済価値のために買うのではない。顧客は見せられたものしか知り得ないから雪だるま式に増大する乖離は表面化しない。しかしスターバックス上陸にイタリア人は冷笑的だったというし、1999年を境にフランスの食生活が実際に破壊されたとも聞かない。だれもが同じ時間に家族と茶の間で同じ歌番組を見ていた時代ならよかったろうがいまは2018年だ。ひとそれぞれの事情に合わせたコンテンツ、棚、店があってしかるべきだ。AmazonはLGBTQやTime’s Upの時代にすでに取り残されつつある。断絶を埋めるのは嗜好という読書の文脈に基づく棚づくりだが彼らにその能力はない。というよりも発想があればすでに自動化で実現しているのでヴィジョンがないと言うべきか。アルゴリズムの暴走による株価暴落のようにどこかの時点で破綻するだろう。

あるいは永久にビッグブラザーの栄華がつづくのかもしれない。であれば出版は地下に潜るしかない。幸いわれわれにはepubという汎用規格がある。問題は流通手段だ。独自の選書をする個人経営の電子書店がなぜないのか。モノとしての性質が主体にならざるを得ない商品であれば、価値の本質が情報にあったとしても在庫さえあれば極端な話、売ることができる。読み飽きた本を自宅のガレージにならべて値札をつけ通行人に売ってもいい。モノとしての制約がなくなると権利の概念を曖昧にできなくなる。一冊の本につながるすべての権利者に話をつけなければならない。実現するのは巨大資本の力でAmazonにはそれがある。あるいは取次が大資本しか相手にしないのかもしれない。電子書籍は実店舗や物理空間を占有するリアル在庫を必要としない。「ことりつぎ」の電子版のような仕組みでアフィリエイト感覚で書店をやれないものか。Amazonに目をかけられて大金を稼ぐことと、好きな本と同じ売場に並んで理想の客に読まれること、どちらかを選べといわれたら躊躇なく後者を選ぶ。そのような売場を人格OverDriveで実現し、そこで自著を扱いたい。現状はAmazon依存のアフィリンクでしかないのがもどかしい。

客筋改善のために広告を試行錯誤している。突っ込んだ金に見合う成果はないが学習機会が得られるので無駄ではない。ランディング先をサイトの商品紹介ページにするとAmazonへのボタンは一切クリックされない。ランディング先をAmazonにするとサイトの紹介ページの閲覧は微増し、ボタンのクリックもわずかながら発生する。客はAmazonを見た上で調べてから購入するか否かを決めるのではないか。Facebookページに「いいね」を募る広告も新たな導線を得るには案外ばかにならない。何人かは記事を読んでくれるかもしれないしあわよくば刊行物に関心をもってくれるかもしれない。広告をしなければその縁も生じない。Google広告の掲載場所は重要だ。いくつかの書評サイトが掲載率もクリック率も高く、なおかつ客層が好ましい。ブクログのほうが表示率もクリック率も高いが利点はそれだけだ。青空文庫を読めるサイトは無料の読み物を求める老人ばかりがクリックする。対象年齢と世帯収入から金のない高齢者を除外し、掲載場所からそのサイトは除外した。無料配布とGoogle広告との組み合わせはわずかながら体感できるほどの効果がある。有料コンテンツとの組み合わせは授業料と割り切るのみだ。自分で描いた装画がまずかったせいもある。OGPで切り取られるとグロテスクになる。価格も高すぎた。しかしあの装画あの価格でやりたかったので後悔はしていない。

印刷版の取り組みも客筋改善のためだ。名刺代わりに手渡せる利点は大きい。電子版の選択が現実的にKindleを無視できないため印刷版もAmazonに依存している。彼らが朝日に書かせた記事の意図が気になっている。あたかも個人出版に関係があるかのような報道をさせたのは今後の展開に含みがあるからだろう。Amazon PODはCreateSpaceやKDP Printと異なり企業向けのサービスで個人には窓口を開放していない。ヴァニティプレス的な仲介業者を通すか法人になるしかない。法人向けの窓口を外部企業を通じて個人が使う、というのが土台無理である上に業者はどうやらBtoCの経験が浅いようで、会話の成立さえ困難な担当者をひたすら煩わせなければ何ひとつできないのは一年前の経験でわかっている。何をやるにもシステムの不備だらけでCreateSpaceなら一日で終わる作業にひと月かかった。あげくに追加料金を支払って自前のISBNを使っても出版者表記はその業者になると後出しで知らされたりした。CreateSpaceが米国KDPに統合されて日本語が使えなくなり、法人向けのAmazon PODを使うよりほかに手立てがなくなった。法人化のハードルは高すぎるしKDP Printが使えない現状に変化はない。日本語のヘルプドキュメントの充実ぶりや、利幅の大きいアマチュア作品の表示機会を強化しているところから見てもAmazonがリリース時期を窺っている気配はあるが、いつまでも待ってはいられないので五万円を支払って業者を使うことにした。

『黒い渦』をざっと読み返したら思ったより書けていた。挿話が少なすぎて短いのだけが難点だ。短編をいくつか加えて出し直そうと考えたが使える短編がなかった。古すぎるか稚拙すぎるかのいずれかだ。あえて手を加えずに収録するのも手かもしれないが躊躇する。胸を張れるものだけを売りたい。サイトにせよ小説にせよこれまでの仕事は世間に対してなんら恥じるところはない。あのひとのようになりたいという理想像も、参考にすべき前例も実在しないので試行錯誤はやむを得ない。努力が他者からの評価やビッグブラザーの寵愛に結びつかないのは目に見える指標の上では失敗だがやりたいことの上では失敗ではない。うまくいかないことを切り棄て、好ましいことを選ぶのが重要だ。その取捨選択の積み重ねが有効だと信じる。金を稼ぐのが人格OverDriveの目的ではない。いいと思うことをいいと思う流儀でやりたいだけだ。書いて出版することで自分自身であることを肯定したい。突きつめれば結局そういうことなのだ。Kindleが何を意味する単語であろうが原稿は燃えない。


杜 昌彦

(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。硬質な文体と独創的な物語で知られる。作風はアヴァン・ポップ、スリップストリーム、スペキュレイティブ・フィクションに分類される。2010年から別名義で活動。2013年日本電子出版協会(JEPA )主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。