アダム・ファウアー

1970年 -
幼い頃、病で視力を失い、少年時代の多くを病院で小説の朗読テープを「濫読」して過ごす。デビュー作『数学的にありえない』は日米独伊ほか16か国あまりで出版されるベストセラーとなり、第1回世界スリラー作家クラブ新人賞を受賞した。