ドリーム・マシン
ASIN: 4488655025

ドリーム・マシン

それは未来予測のための画期的な計画だった。神経催眠装置につながった39人の男女の無意識が、平和で牧歌的な150年未来の町を創りあげ、この想像の世界で現実同然に生活するのである。彼らは理想的な未来社会のデータを記憶にとどめ、やがて現実世界に帰還するのだ。だが一人の男がこの夢の世界にとどまったとき、計画の歯車が狂いはじめた! 現代英国SFの鬼才が放つ傑作。


¥847
東京創元社 1979年, ペーパーバック 394頁
※価格はこのページが表示された時点での価格であり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点で Amazon.co.jp に表示されている価格の情報が適用されます。

読んだ人:杜 昌彦

ドリーム・マシン

英国版ディックの亜流みたいにいわれてた頃の作品ですが悪くないですよ人間心理を表現する手管として SF の発想を利用しているところが好みです

(2017年09月08日)

(1975年6月18日 - )著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『血と言葉』(旧題:『悪魔とドライヴ』)が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。代表作に『ぼっちの帝国』『GONZO』など。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告

AUTHOR


クリストファー・プリースト
1943年7月14日 -

英国のSF作家。その作品は「信頼できない語り手」を特徴とし、語り、真実、記憶の性質、現実といった事柄に疑問を投げかける。SFの先駆者であるH・G・ウェルズに強く影響を受けている。2006年には国際H・G・ウェルズ協会の副会長に就任した。

クリストファー・プリーストの本